長期修繕計画

July 26, 2014

最近は、建物の修繕に関する問い合わせがあります。

事務所を長く運営しているからかもしれませんが、それ以上に建物を大事に使いたいということです。

表のも記載したように、建物も20年過ぎてくると、いたる所に手が加える必要が出てきます。また、その費用の年々多くなります。

普通は問題が出た時、その度に施工業者が手直しをしてきました

 

では、設計事務所が入るメリットは?

①既存の更新ではなく、長期的な維持管理を目的とした提案

②竣工時のスペックではなく、現在の問題を考慮した上での設計提案

③工事だけではなく、構造、法規、防災など総合的に検討した提案

  ①~③は工務店でも設計部が付けば出来ます(設計料は何らかの形で含まれます)

④施工業者に縛られず、コストの検討が出来て、かつ工事の透明性を担保できます。

 

最後に、建物をつくることは、私たちの喜びですが一方、建物を長く愛して頂くのも大事だと考えております。

それは、45年以上、事務所を運営してきた先輩方から感じた事です。

 

 

 

 

Tags:

Please reload

Featured Posts

設 計 の あ と が き・・・

June 23, 2017

1/3
Please reload

Recent Posts

July 26, 2014

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

このWebページの推奨ブラウザ:Google Chrome v33以降, Mozilla FireFox v28以降, Internet Explorer v11.0以降  

© 2014 by RAY architects.  

  sitemap